Biographie

堀内由起子   Yukiko HORIUCHI  Diplom-Korrepetitorin / Pianistin  

-------------------------------------------------------------------------------------------------  

4歳からピアノに親しむ。

国立音楽大学音楽教育学科音楽教育専攻卒業。国立音楽大学ではピアノを内田恵子氏、声楽を平田洋子氏に師事。卒業後も東京にてピアノ講師として働きながら、ピアノ、声楽のレッスンに通う。学生時代より、声楽と声楽の伴奏の分野に大きな魅力を見出し、声楽を更に末芳江氏、蒲池悦子氏に師事。

 

2001年渡独。

ライプツィッヒ音楽大学の夏季音楽講習会に参加、また語学学校にてドイツ語を学ぶ。2002年より、ワイマール・フランツ・リスト音楽大学・指揮学科オペラ・コレぺティツィオン(オペラ指導伴奏法)専攻にて学ぶ。

専攻のオペラ・コレぺティツィオン(オペラ指導伴奏法)をH-C.シュタインへ―フェル、指揮法をG.カーラート、ピアノ(独奏)をD.ブラウンス、楽器伴奏法をT.ヴィックライン、歌曲伴奏法をK.P.カマ―ランダ―、声楽をS.ゴーリッツ、ドイツ語朗読・発音法をB.M.フィンケの各氏に師事 

 

2007年にディプロマ取得後、上級科在学中より、コレぺティトーリン(指導伴奏ピアニスト)としての劇場勤務の経験を積み始め、ワイマール・ドイツ国民劇場、アルテンブルク・ゲラ市立劇場、ホーフ劇場、ブレーマーハーフェン市立劇場、ゲルリッツ市立劇場、アイゼナッハ州立劇場、ルードルシュタット州立劇場で、オペラ、オペレッタ、ミュージカルなど数多くの公演に携わる(レパートリー表参照)。また劇場の仕事の他にも、バイロイト・フィルハーモニー合唱団にて合唱宗教曲を始めとした合唱作品の稽古ピアニスト、発声指導、ワイマールにて様々な声楽ワークショップやマスタークラスの伴奏、ホーフ交響楽団の鍵盤奏者など、多岐にわたって活動。2014年から2016年までワイマール・フランツ・リスト音楽大学にオペラ・リート担当教員及びコレぺティトーリンとして勤務。

2016年8月末帰国。

 

-----帰国後のおもな活動

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2016

1227日 白河しんきんイベントホール「年忘れミニ・コンサート」~歌曲からオペラ・アリアまで  グスタヴォ・エダ(Ten), 堀内由起子(Pf)

      

2017

31日 白河議場コンサート「愛の喜び・他(クライスラー)、チャルダッシュ(モンティ)」 大竹うらら(Vln), 堀内由起子(Pf)

 

320日公演 FUKUSHIMA白河版「魔笛」  ドイツ語指導を含む合唱指導、コレペティ/指導と伴奏  それ以後-「白河コミネス混声合唱団」の指導(20184月まで)

 

8月以降-「岩沼みんなで歌う第九の会合唱団」ドイツ語の指導に重点を置いた合唱指導

 

1011日 白河文化交流館コミネス大ホールワンコインコンサート「オペラアリアとわたしが選んだ歌」志賀野桂一(お話), 文屋小百合(Sop), 早坂知子(Sop), 倉本晋児(Bs), 堀内由起子(Pf)

 

1029日  東京文化会館「漱石が体験した洋楽/室内楽と喜歌劇」~喜歌劇ボッカチオ ピアノ演奏

 

1113日 白河文化交流館コミネス小ホール

「ドイツ歌曲の世界」~シューベルト・シューマン・ヴォルフ・マーラーの歌曲 谷口伸(Br)、堀内由起子(Pf)

 

1122日 表郷小学校「音楽鑑賞会」 大竹うらら(Vln), 堀内由起子(Pf)

 

 

2018

54日・5日 多賀城市東北歴史博物館水上ステージ「光の多面体公演」光のアート、能楽師による日舞、コンテンポラリー ダンス、オペラ アリア&合唱、二胡、シンセサイザー、笛、笙、篳篥、ヴァイオリン、電子オルガン、ピアノ、打楽器という多彩なプログラム(堀内:副指揮にて参画)

 

69/610() 福島市音楽堂大ホール/白河信金西支店ホール「ヴィヴァルディの四季」志村寿一(Vlnソリスト), 大竹うらら(Vln), 中村千鶴(Vln), 高木早紀(Vln), 伊藤光敦(Vln), 田口厚子(Vla), 河野美紀子(Vla), 懸田貴詞(Vc), 河原田潤(Cb), 堀内由起子(Cembalo) 

 

714日 白河戊辰150周年事業慰霊祭・演奏 大竹うらら(Vln)、堀内由起子(Pf)

 

2018108日 EXPIERIENCE BEETHOVEN 仙台カフェ・モーツァルト・アトリエにて 演奏 小野綾子(Sop), 堀内由起子(Pf)

 

1021日 白河文化交流館コミネス大ホール「昭和歌謡コンサート」ピアノ

 

1122日 白河文化交流館コミネス小ホール「歌で綴る古のヨーロッパ」小野綾子(Sop), 堀内由起子(Pf)

 

1215日 白河大信初舞台21周年記念感謝祭演奏 大竹民栄(Vln), 堀内由起子(Pf)

 

 

2019

17日 「新春コンサート」白河文化交流館コミネス小ホール グスタヴォ・エダ(Ten), 大竹うらら(Vln), 堀内由起子(Pf)

 

210日 白河文化交流館コミネス小ホール 「男声クァルテットコンサート」懐かしい日本のうた~オペラアリアまで 前川健生(Ten), 圓谷俊貴(Ten), 小仁所良一(Br), 明珍宏和(Br), 堀内由起子(Pf)

 

3月以降 相馬の混声合唱団「エスポワール」の指導

 

421日 仙台ティーラウンジルフラン・仙台モーツァルト協会主催「レクチャー・演奏~ドイツの劇場・コレペティトアのお話~モーツァルト曲」鈴木真衣(Sop), 堀内由起子(Pf)

 

62日 仙台カフェモーツァルトアトリエ EXPIERIENCE BEETHOVEN「ベートヴェンと民謡」小野綾子(Sop), 堀内由起子(Pf)

 

721/22日白河ジャパネスク能・オペラ「恋歌舞SO-MON」作・演出、志賀野桂一、振付中村明日香プレイベント「椿姫」アリアのピアノ伴奏

 

8月 ふくしん夢の音楽堂「ヴァチカン国際音楽祭記念演奏会~世界へ!祈りの第九~」指揮 西本智実管弦楽 イルミナートフィルハーモニーオーケストラ合唱/ドイツ語指導・伴奏

 

820-24日「仙台オペラアカデミー小森輝彦オペラ実践ワークショップ」にてピアノ・コレペティ

 

825日「ドイツ語発音講座ミニコンサート」講師・歌:小森輝彦(Br), 堀内由起子(Pf)

9月9日 ミングル幼稚園ライブに賛助出演

 

1011日 仙台メゾン・ド・リアフィーユ「観月会」演奏:フランス歌曲、オペレッタ、オペラ他 鈴木真衣(Sop), 堀内由起子(Pf)

 

1013日 仙台 青葉のテラスEXPIERIENCE BEETHOVEN「連弾の風コンサート」太田ななえ(トーク), 高塚美奈子(Pf), 小野綾子(Sop), 堀内由起子(Pf) 

 

1026日 白河まちなか国際音楽ウィー2019 プレイヴェント にてクラリネット(アレッサンドロ・ベヴェラーリ)と共演

 

117 白河まちなか国際音楽ウィーク2019「蔵でクラシック!~椿姫ハイライト」中山美紀(Sop), 小沼俊太郎(Ten), 堀内由起子(Pf)

 

1221日 岩沼ポラーノ「ノスタルジック・歌とピアノのコンサート」小野綾子(Sop),堀内由起子(Pf)

12月22日 岩沼教会クリスマスミサ演奏 小野綾子(sop), 鈴木真衣(sop), 堀内由起子(pf)

      

 

2020

111日 仙台オオタナナエ台所教室~ドイツ語を学ぶ「試飲と子音の会」講師

 

29日 「トラヴィアータ白河公演」合唱稽古ピアノ

 

 

 

2021年

1月~ 仙台オペラ協会にて、モーツァルト「魔笛」(2021年9月5日公演予定)のコレペティ(音楽・ドイツ語指導)

 

3月19日(金) 20:00 フランス歌曲のオンラインコンサート「星の夜」 -  ソプラノ: 鈴木真衣/ ピアノ: 堀内由起子

フォーレ、ドビュッシー、アーンの作品より。 オンライン配信・DVD販売

 

6月11日(金) 19:00「金曜日の四人の女たち」ソプラノとピアノによる夕べ。仙台市の宮城野区文化センター・パトナホール  DVD販売あり

 

11月3日(水) 15:00開演(14:00開場)  会場:仙台市 人形劇場「徹子のお家」 

11月7日(日) 15:00開演(14:00開場)  会場:名取市増田公民館 

メルヘンオペラ「ヘンゼルとグレーテル」ハイライト上演 朗読・字幕付き(原語ドイツ語による歌唱)  

朗読:上島奈津子(俳優)ヘンゼル:鈴木真衣(ソプラノ)グレーテル:小野綾子(ソプラノ)父ペーター:鈴木集 魔女:宮西一弘(テノール)ピアノ:堀内由起子(コレペティトア)

 

                       

                       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Die gebürtige Japanerin Yukiko Horiuchi erhielt im Alter von vier Jahren ihren ersten Klavierunterricht. An der Kunitachi-Musikhochschule in Tokio studierte sie das Fach Musikpädagogik, wo sie Klavierunterricht bei Keiko Uchiyama und Gesangsunterricht bei Yoko Hirata nahm und mit Diplom abschloss. Danach folgten weiterführender Klavierunterricht sowie Gesangsunterricht bei Yoshie Sue und Etsuko Kamachi. Nach ihrer beruflichen Tätigkeit als Klavierlehrerin an verschiedenen Musikschulen sowie in kinderpädagogischen Einrichtungen in Tokio führte sie ihre Liebe zur klassischen Musik nach Deutschland. Bevor Yukiko Horiuchi ihre weitere musikalische Ausbildung fortführte, absolvierte sie Sprachkurse am Goethe-Institut in Bonn und Dresden. 

2002 begann Yukiko Horiuchi das Studium an der Hochschule für Musik FRANZ LISZT Weimar. Das Hauptfach Opernkorrepetition bei Hans-Christian Steinhöfel, Dirigieren bei Gunter Kahlert, Klavier bei Dagmar Brauns, Konzertkorrepetition bei Thomas Wicklein, Gesang bei Siegfried Gohritz und Liedgestaltung bei Karl-Peter Kammerlander, Sprecherziehung bei Brigitte Maria Finke.

 

Nach dem Diplomabschluss 2007 setzte sie noch für ein Jahr ihr Aufbaustudium fort und war als Opernkorrepetitorin am Landestheater Eisenach, Landestheater Rudolstadt und am Theater Görlitz engagiert. Im Jahr 2009 begann Yukiko Horiuchi ihre Tätigkeit als freischaffende Musikerin und kann seither die vielschichtigen Erfahrungen, die sie am DNT Weimar, Theater Hof, Landestheater Eisenach und Stadttheater Bremerhaven in den Bereichen Oper, Musical, und Chormusik erworben hat, in ihre musikalische Arbeit einbringen.

2012/13 wurde Yukiko Horiuchi als Solorepetitorin am DNT Weimar engagiert, Februar 2014 - Januar 2016 am Theater Altenburg-Gera.

Neben ihrer Tätigkeit als Theater-Korrepetitorin arbeitete sie auch als Klavierbegleiterin besonders für Lied/Chor und Gesangsmeisterkurse sowie als Gesangscoach. Sie war als regelmäßige Mitarbeiterin in die Probenarbeit des Philharmonischen Chores Bayreuth, des Lyric Opera Studio Weimar und des Studio ll (Gesangsstudio der Gesangspädagogin Gudrun Bär) eingebunden. Seit Oktober 2014 bis Ende Juli 2016 arbeitete sie als Lehrbeauftragte für das Lied/Partien Studium der Gesangsabteilung an der Musikhochschule FRANZ LISZT Weimar.

Ende August 2016 ist sie nach Japan gezogen.